転職し着用する制服が変わった

転職し着用する制服が変わった事により、以前に比べてお尻に摩擦を感じる機会が増えた上に蒸れるようになったと感じていた矢先に、肌荒れが生じている事に気が付きました。
発症していたのはニキビであり、一部分的にニキビがきっかけとなって毛のう炎を引き起こしている箇所もあったため、まずは根本的な原因になっている肌に触れる物の見直しから行いました。
以前はゆったりとしたシルエットの制服でしたが、転職後からは密着性が高いシルエットに変化したため、密着性が高くても蒸れや摩擦が引き起こされないように、着用する下着の素材に着目して下着選びをしました。
新しい下着にしてからは新たに肌荒れが生じたり症状が進行するといった事が解消されたので、続いて発症している肌荒れの完治を目指すためにケアに注力していきました。
通気性に優れている下着の素材を選び使用していたため蒸れは解消されましたが、トイレを使用した際には着座した時に座面に触れるお尻の部位まで拭くようにし、発汗した汗や分泌された皮脂をできるだけ留めないように気をつけていました。
そのように汗や皮脂が残らないようにケアしつつ、自宅ではしっかりと保湿を行い潤いを与える事によって摩擦などの刺激を受けないように保護していました。
下着の見直しやスキンケアでお尻の状態を清潔にしながら、油分が多い食事を減らすといった食生活の見直しも行っていたところ、肌のターンオーバーと共に肌荒れが快方に向かい、塗布薬などを使用せずに完治できました。詳しく調べたい方はこちら>>>>>お尻 スキンケア エステ